• ホーム
  • 投資がダメなら外資貯金お金を増やす

投資がダメなら外資貯金お金を増やす

打ち合わせしている男女たち

近年、投資を始める人が増えています。
資産運用として余裕のある資金を運用することは合理的な選択だと言えます。
その一方、投資へのリスクを受け入れられない方が日本には多くいるのも事実です。
理解しないまま運用することでマイナスのリスクの可能性が高まります。投資に不安がある方や中長期でみても結果がふるわなかった方へは外資貯金がおすすめです。
外資貯金とは字のごとく、外国に貯金することで資産運用することです。
日本は0に近い金利の時代ですが、外国に目を向けると日本より金利の高い国はたくさんあります。
持っている資産をそういった高金利通貨に替え、その国の銀行に預け入れることで日本で預けるより利益が大きくなるという仕組みです。
もちろん、外資貯金も日本の銀行に預けることも資産運用の1つですのでリスクはあります。
しかし、株式などの投資に比べるとリスクは低いものです。外資貯金は日本での預貯金より少しだけリスクが高くなります。
それは為替の変動があるからです。例えば、アメリカの銀行に100万円のお金を預けるとき1ドル=100円で交換したら1万ドルになります。
外資貯金で運用したうち元の1万ドルを出すとき、そのときの為替が1ドル=90円だと90万に、1ドル=110円だと110万になります。ですので、日本の預貯金とは少しリスクが変わってきます。
しかし、難しくはありません。預けた時より良い値段になるタイミングで引き出せばよいのです。もちろん、元のお金に利子もつきます。
後は金利の高さだけでなく信頼できる国を選ぶことも大切です。これは潰れると噂の銀行にお金を預けないという日本の預貯金と考え方は同じです。
投資よりリスクが低く、注意点も少ないことが外資貯金のよさです。
日本はデフレからの脱却を目標にしている時代ですので、円の価値も時代によって変わります。外資貯金という資産運用でお金を増やすのも有効な手段です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索