閉じる
  1. デュファストンやオエストロジェルというホルモン剤の役割と不妊治療に対す…
  2. ホルモン剤のデュファストンやオエストロジェルが役に立つ作用や効能はどん…
  3. オエストロジェルではありませんがホルモン剤のデュファストンの黄体ホルモ…
閉じる
閉じる
  1. ホルモン剤のオエストロジェルやデュファストンの子宮内膜への影響は生理不…
  2. オエストロジェルではありませんがホルモン剤のデュファストンの黄体ホルモ…
  3. ホルモン剤のデュファストンやオエストロジェルが役に立つ作用や効能はどん…
  4. デュファストンやオエストロジェルというホルモン剤の役割と不妊治療に対す…
閉じる

オエストロジェルの使用方法と注意すべき点が理解できるようになるサイト

コチラのサイトで紹介しているオエストロジェルに関する情報を確認して頂ければ、オエストロジェルの使用方法と注意すべき点が理解できるようになるのではないかと思っています。

不妊治療に使われるホルモン剤のデュファストンやオエストロジェルとはどんなものか

ホルモン剤を用いたホルモン療法は、様々な病気の治療や再発防止、症状の改善と言ったような医療に関することに使われることが多いんですね。その中でも、ホルモン剤を用いた両方の中でも女性にとって非常に感心がありなおかつ利用することが多いのは何と言っても不妊治療ではないでしょうか。

不妊治療のホルモン療法について

不妊治療でも、ホルモン剤を用いたホルモン療法をすることが多いのですがその中でも利用することが多いのがデュファストンなどの薬ですね。この、デュファストンという薬は主に不妊治療に使われることが多いのですが、それ以外にも月経の乱れの改善をしたりするなぞ女性の生殖器の働きに関することを治療する効果があるんですね。

実際、そう言った婦人科で取り扱うような症状のトラブルに対して処方することが多い薬となっています。婦人科で診療を受けた際に処方されることの多い、デュファストンという薬は妊娠や月経などについてどんな関係を持っているのかということを掘り下げていきましょう。

■デュファストンの構成と役割について
デュファストン、というホルモン剤は所謂合成黄体ホルモン剤と呼ばれる物ですね。女性ホルモンというのは、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンという2つから構成されている物なのですが、そのうちの黄体ホルモンであるプロゲステロンを補う役割を持っているんですね。

不妊治療に使われるホルモン剤のデュファストンやオエストロジェルとはどんなものか

そして、生理や妊娠という女性の生殖機能に関することは黄体ホルモンが関係していることなので、デュファストンは不妊治療、切迫流産と言ったことに対する治療薬で使われる物なんですね。実際、プロゲステロンというのは妊娠へ強く影響しており、これが不足してしまうことで不妊症になってしまうということもあります。

典拠>>オエストロジェルの個人輸入代行、販売・通販ならTOP http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/oestrogel.html

なので、妊娠中は勿論なのですが結婚してから子作りをしたいと思っているけど、なかなか妊娠しないというようなことに悩んでいる人はよく知っておくべき女性ホルモンですね。

■プロゲステロンの役割について
デュファストンによって補助される、女性ホルモンの一つプロゲステロンはどんな働きをするかですが、主に不妊治療の際に使われる役割としては着床を助けることですね。着床というのは、受精卵が子宮内膜に定着することなのですがプロゲステロンは主に、本来は排卵後から生理前まで多く分泌されることで妊娠しやすい体の状態にしていく、という役割を持ったものです。

しかし、これが人によってプロゲステロンが低下してしまうと排卵期を狙ってもなかなか妊娠しないなど、不妊の原因になってしまっていることが多いのです。だから、デュファストンを用いてプロゲステロンの不足を補うことによって、正常に妊娠することが出来るような状態を作るということができるわけです。

ただ、プロゲステロンは増えすぎるとニキビが出来てしまいやすくなったりするなど、バランスが過剰になってしまわないように気をつけなくてはいけない、というところが留意点となっていますね。

■デュファストンを有効活用しよう
デュファストンは、言ってみれば体内で不足している黄体ホルモンであるプロゲステロンの不足を補うことで、妊娠しやすくしたり子宮内膜を維持するというような役割を持っているんですね。だから、不妊で悩んでいる人は自分の女性ホルモンの不足などが原因かもしれないと思って、それを改善するためにデュファストんを使って見ましょう。

ホルモン剤と正しく付き合って安心できる環境を作ろう

「ホルモン剤」というお薬や治療については、実体験がなくても耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか。ですので、中には気軽な感覚で受け止めている場合もあるかもしれません。しかし、ホルモン剤を取り入れる際にはやはり「正しい知識」というものが大切になってくるのです。

効果が高いホルモン剤

ホルモン剤は、体内におけるホルモンバランスを直接変化させるというアプローチになります。ですので、不調が生まれている部分に対して非常に高い効果を発揮するのです。しかしながら、その反面、副作用が強く現れるという問題もまたあるのです。

ホルモン剤と正しく付き合って安心できる環境を作ろう

ですから、ホルモン剤を処方されたときにそれらを不安に思われる方も少なくないのです。

■身体に悪影響なものなのか
副作用は人によっては強く現れることがあるものの、用法・用量を守っていただくことによって悩みや身体的な症状を緩和してくれます。副作用も最小限にとどめることができるのです。医療機関で処方されたというお薬は、自己判断で服用しないなど基本的な部分を守りながら医師の指示に従って取り入れるようにしましょう。

■万が一、不調が起こったら?
もし、ホルモン剤を服用していて違和感がある・体調不良に陥ってしまったなどという場合には早い段階で医師に相談をすることをおすすめしたいと思います。服用中止もしくは薬剤変更など適切な指示・処置が行われることと思います。くれぐれも我慢しないようにしましょう。

■正しく付き合って快適な環境を
ホルモン剤と正しく付き合うことで、副作用の影響を受けることなく快適な身体状態を目指していただけるかと思います。お薬そのものに不安があるという場合には、事前に医師・薬剤師に説明を受けると良いでしょう。

ピックアップ記事

  1. 黄体ホルモン、というのは女性の性機能に関することを補佐したり正常に機能するということに必要なホルモン…
  2. 不妊や、流産と言った妊娠機能の低下だったり妊娠機能の不全といった物は女性ホルモンバランスや黄体ホルモ…
  3. 女性機能を正常に保つために必要な黄体ホルモンは、ホルモンバランスが崩れてしまったりすることで不足する…
  4. 不妊治療にも、ホルモン療法という治療法が使われることが昨今では増えていますね。しかし、不妊治療とは具…
ページ上部へ戻る